俳優の林遣都(18)、大東俊介(23)、石田卓也(22)が24日、DVD『7days,backpacker』の発売記念イベントを都内で行った。3人がそれぞれ自由に選んだ国に、仕込みなし、通訳なし、1日1万円の軍資金と往復の飛行機チケットだけを渡されて、7日間のバックパック旅行に行った様子を収めたドキュメンタリー。行き先は、林はベトナムとカンボジア、大東はイスタンブールとカッパドキア、石田はインドネシアとバリ島一周を選んだ。旅の最終目的がカッパドキアで気球に乗ることだった大東は、「費用もかかるので、旅行中は相当節約しました。でも食事だけは妥協したくなくて、ケバブなどいろんな郷土料理を食べました。本当においしかった!」と語り、石田も「ナシゴレンとか食事はどれも最高だった」と笑顔で旅を振り返る。一方、今回が初めての海外旅行だったという林は、苦労した様子。香草類や酸っぱいものが苦手だそうで、現地での食事は口に合わなかったといい「嫌いなものを避けて、おいしい食事にありつくことが課題だった。正直、ハズレもたくさんありました」と旅先選びに後悔しつつ、「現地で友だちもできたし、何より、アンコールワットで夕陽を見るっていう目標が果たせなかったので、またカンボジアに行きたい」とリベンジ宣言していた。(撮影:小山伸正)

関連タグ: