NEWSの山下智久(24)が21日、神奈川・横浜アリーナで初のソロコンサートを行った。「18歳でCDデビューして、振り返ってみると、ジュニアのころのハングリー精神を忘れていた。これではダメだと、初心に帰ろうと思ってやった」という念願のソロコンサート。選曲、構成なども自ら手がけ、ヒット曲『抱いてセニョリータ』『Loveless』や、マイケル・ジャクソンの『Thriller』をカバーするなど全23曲を熱唱。また、ジュニア時代の96年、横アリでのキンキの公演で初舞台を踏んだ山下が当時、深夜まで共に振り付けを覚えた親友で事務所の同期生・生田斗真をゲストに呼び、キンキキッズの2曲も披露した。この日は2ステージで3万人を熱狂させ、22、23日も計4ステージを敢行。年明け1月6、7日には大阪城ホールでの4公演も決定した。公演後には会見も行い、“手つなぎデート”が報じられた女優・北川景子(23)との関係についての質問攻めに「仲、いいですよ。セニョリータ(恋人)?そういうんじゃないんです。ドラマで共演して仲良くさせてもらってます。僕は隠す方じゃないんで」と余裕の対応。「ファンのことを一番に考えているし、心配させたなら謝りたい。とりあえず、男は仕事が一番だと思っています」と“恋人未満”を強調した。

関連タグ: