女優の藤原紀香(38)が13日、東京・銀座の福家書店で著書『紀香バディ!2 リ・アル』の発売記念イベントを行った。23万部を売り上げた前作に続く2年ぶりのビューティー本で、タレントの陣内智則(35)との離婚についても所属事務所の反対を押し切って綴っている。この日も当時を振り返り「ずっと無理してました。激ヤセもした」と明かしながらも「いろんなことがあるのが人生。別れも経験したけど勉強になった1年。これでひと回りいろんなことが見えるようになりました」と終始明るい笑顔。離婚について綴った理由について「やっぱり私がリアルに再生に向かってる本なので、入れないとこの本は出せないと思って。バツ1でも、下を向かずに胸を張っていかなくちゃ。1点の曇りもない本になりました」と語った。本には初公開となる離婚後の住まいの風景を掲載するなど、すっかり吹っ切れた様子で「自分も、次は幸せになりたいし、相手にも幸せになってほしい」と陣内に対し、メッセージを送った。新しい恋については「今は仕事が楽しいので」としながらも「不特定に恋愛未満。ステキな男性はいるかもしれませんが」と意味深長。「早くウフフ(な関係)になれたらいいですね」と次なる幸せゲットへ意欲を見せていた。(撮影:鈴木鍵一)

関連タグ: