人気ロックバンドのL’Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)が13日、NHKバンクーバーオリンピック放送テーマソング『BLESS』のオフィシャル映像収録を、東京・NHKホールで行った。L’Arc〜en〜Ciel として1年半ぶりの新曲は、同日初披露。努力を重ね晴れ舞台を迎える日本選手達を祝福する壮大なバラード。この曲を書き下ろしたボーカルのhydeは「幼いころから一生懸命追いかけて、やっと憧れの舞台に立つという流れが感動的。バラードだけど、冬季スポーツの風を感じられるようにテンポを上げました」と曲に込めた想いを語った。ギターのkenは「オリンピックというお題をもらって、hydeがどんな曲作ってくるんだろうって面白みがありましたね」と茶化しながらも仕上がりには満足げ。ベースのtetsuyaは「感動を曲でさらに倍増させられたら」、ドラムのyukihiroは「フィギュアスケートで盤面に描かれるラインをイメージして演奏しました。この曲でぜひ滑ってもらいたいですね」と、にこやかに話していた。競技についてhydeはスピードスケートの高木美帆(15)に注目。「15歳だって最近知って、温かい目で見守ってます。夢に向かう長い道のりを『BLESS』で歌ったのに、夢叶うの早くね? という感じですが(笑)」とエール。kenは「メンバー4人でボブスレーに乗ってみたい」と笑わせていた。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: