ライバルのキム・ヨナ選手(19)が、フリーで世界最高得点をマークした直後の演技だった。世界で現在、女子では浅田にしか跳べないトリプル・アクセルを完璧に飛んだ。
 その瞬間、母はテレビを消したホテルの部屋で祈り続けていた。すべてが終わった夜、地元・名古屋で見守っていた父は本誌記者に呟いた。「真央を褒めてあげてください…」
 真央ちゃんが4年越しの夢をかなえようとした、そのとき。彼女を支えてきたコーチや家族たちは、それぞれの場所でそれぞれの思いを抱いて、決定の時を待っていた――。結果は、浅田自身が目指した金ではなく、銀メダル。いま語られる銀版の裏側!

【関連記事】
浅田真央 最愛の母が遺した“別れの言葉”
浅田真央 母の闘病で「もうママには頼れない」と決意”
浅田真央 恩師タラソワコーチが15才の愛弟子で“真央潰し!”

【おすすめ記事】
リアル家政婦はミタ(1)「70代の旦那様とイケナイ関係に」
雅子さま 宮内庁で蠢く“雅子さま外し”の「離婚計画」
オウム真理教 “美人すぎる幹部”が脳出血で車いす生活に