タレントのビートたけしさん(63)が審査委員長を務める『第19回東京スポーツ映画大賞』の授賞式が28日、東京都内のホテルであり、たけしは同時に授賞式が行われた『東スポ50周年特別賞』をプロ野球巨人の長嶋茂雄・終身名誉監督(74)に贈呈した。たけしは「ある事件を起こして謹慎していた時、長嶋さんにゴルフに誘ってもらって、(約束した日に)ゴルフ場で長嶋さんに会って震えながら直立して『たけしです!』と言ったら、長嶋さんに『たけしさん、ゴルフですか。どなたとですか?』と聞かれた。忘れられていたんですね」などのエピソードを嬉しそうに語り、会場を沸かせた。長嶋さんもたけしさんの話に笑顔で耳を傾け、「ありがとうございました。50周年おめでとうございます」とコメントした。また女優・宮沢りえ(34)も受賞。たけしから「様々なゴシップで紙面を賑わせ…」と表彰状を贈られると、「私のいろいろある人生が(同紙に)貢献しているかと思うと複雑。貢献しないような穏やかな人生を送りたいです」と話したものの、「性格が性格なので……、これからもよろしくお願いします」とユーモア溢れる挨拶で笑わせていた。(撮影:加治屋誠)

関連タグ: