歌舞伎俳優の市川海老蔵(32)が3月2日、東京・東新橋の日本テレビで行われた同局系松本清張生誕100周年記念ドラマスペシャル『霧の旗』(16日後9・0)の制作発表に、ヒロインの女優・相武紗季(24)と出席した。現代ドラマ初主演となる海老蔵は劇中で女優の戸田菜穂(35)と濃厚なラブシーンに挑戦。市川はフリーキャスターの小林真央(27)と婚約したばかりだが、「台本にラブシーンがあると、そのシーンのページをチラッと見えるようにして置いてます。彼女は『うわー……』って言ってました」と早くも婚約破棄の危機!? しかし、「彼女は平気みたいでしたけど、僕は歌舞伎で男性(とのラブシーン)は慣れてますが、いざ女性とキスするとなると緊張してどうしていいか分からなかったです」と海老蔵の方がドギマギ。さらに、完成作を小林と自宅で見たことを明かしたが、肝心のラブシーンでは「恥ずかしくて(麻央に)目隠しをしました」と赤面。「まだボクらは初々しいので、ほっといてください」と照れた。(撮影:小山伸正)

関連タグ: