19日、東京・渋谷のNHK放送センターでNHK朝の連続テレビ小説のヒロインのバトンタッチセレモニーが行われ、29日から始まる『ゲゲゲの女房』の主演の女優・松下奈緒(25)と27日で最終回を迎える『ウェルかめ』の倉科カナ(22)が登場した。セレモニーでは、『ゲゲゲ-』で使われる昭和37年ごろの民家のセットを背景に、倉科さんは、ウェルかめのキャラクター『かめっ太』のぬいぐるみ、松下さんは、ゲゲゲの鬼太郎の目玉おやじの枕を、互いにプレゼントした。倉科は長丁場の撮影を乗り越える秘訣として、「よく食べることと寝ることを心がけ、あと、あまり気負わない方がいいと思います」と語った。ヒロイン役という“バトン”を受け取った松下は「改めて(バトンは)重いなと思います。撮影は中盤ですが、これを機に、もう一度、クランクインのときの気持ちを思いだしたい。私も強くなりたいし、自分をコントロールしながらやっていきたい」と意気込んだ。(撮影:江口明裕)

関連タグ: