ジャニーズ事務所所属の俳優・内博貴(23)が3日、東京・有楽町のシアタークリエで舞台初主演ミュージカル『ガイズ&ドールズ』の初日を迎えた。同作は、ニューヨークのギャンブラーと女性たちの恋を描いた、コメディーの人気作。天才ギャンブラー・スカイ役を演じる内は、オールバックでバッチリと決めた髪型に、タキシード姿で登場すると「ここぞとばかりに、かっこつけさせていただいてます」と笑いを誘った。劇中では、恋人役の笹本玲奈(24)と3度のキスシーンを披露する。今回、初挑戦したキスシーンは、「リハーサルの時は、恥ずかしくてほっぺを真っ赤にしてしまいました」と照れたが、笹本から「100点満点です」と高評価を得ると、「ありがとうございます!」と、大きな声で喜んだ。見どころを問われると「ギャンブラーたちが下水道でクラップゲームをするシーンがお気に入り。すごく楽しい作品なので、映画を観に行く様な感覚で観に来てほしい」とアピールし、「失敗を恐れずに頑張りたい」と、意気込んだ。

関連タグ: