タレントの眞鍋かをり(29)が12日、都内で映画『第9地区』の大ヒット記念イベントに登場した。同作は、地球人と地球に飛来した“宇宙難民”のエイリアン達との共存をドキュメンタリ風に描いたSF長編映画。イベントでは、宇宙人“いる派”のUFO研究家・矢追純一(74)と“いない派”のタレント・松尾貴史(49)の徹底討論会が行われた。2人の討論に、眞鍋は「『必死に宇宙人がいないって否定する松尾さんは、もしかして宇宙人なんじゃないの?』と指摘した矢追さんの勝ち!」と“判決”を下していた。本作について「今までのSFにはなかったリアリティがある映画。エイリアンは、最初気持ち悪いと感じていましたが、段々可愛く見えてきて……。人間て最低だな、と何回も思ってしまいました」と感想を語り、「(人間かエイリアンか)どちらの立場に立つか考えながら見て欲しい」と本作をアピールした。また、報道陣から元所属事務所・アヴィラとのトラブルについて質問されると、「裁判の中でバッチリやります!」とハッキリ回答し、強気な笑顔を見せていた。(撮影:鈴木高宇)

関連タグ: