22日、都内でBS-TBSドラマ『怪談新耳袋 百物語』の制作発表会が行われ、キャストの5人組女優ユニット・bump.y(バンピー)の桜庭ななみ(17)、松山メアリ(18)、宮武美桜(13)、高月彩良(12)、宮武祭(10)が出席した。同ドラマは、原作者の木原浩勝(50)と中山市朗(51)が全国を回って、本当にあった怖い話を集めた短編集『新耳袋』が原作で、2003年に第1弾が放送。以後、2006年まで毎年放送され、オムニバス映画化、世界23カ国で放送されるなど、人気のシリーズとなっている。本当にあった怖い話をもとにしたホラードラマだが、息のあった仲間たちとの撮影を楽しんだ様子の5人。桜庭は「ホラーは、普段の演技とは、息づかいや表情が違って難しかったけれど、撮影は楽しかった。またやってみたいです」と意欲を示していた。松山は「幽霊役の人が幽霊の格好のままでご飯を食べたりしているのが面白かったです」と撮影を振り返った。『怪談新耳袋 百物語』は5月2日に放映され、7月21日にDVDがリリースされる予定である。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: