女優の菅野美穂(32)と夏木マリ(58)が10日、東京・スペースFS汐留で行われた映画『パーマネント野ばら』のガールズトークイベント試写会に登場した。同作は、西原理恵子(46)の同名漫画が原作。小さな美容室を舞台に、離婚して娘と出戻った主人公(菅野)らの切ない恋を描いた物語。イベントでは、映画のテーマである“恋”にちなみ、ツイッターや会場の女性客から恋の悩みを募り、菅野と夏木が親身になって答えた。「婚活をした方がいい?」と悩む女性に対して夏木は、「私は、なしだと思います。そもそも婚活という言葉が気に入らない。何で活動しなきゃいけないの?」とはっきり言い切った。菅野も「ひとり、大切な人を見つければいい。数じゃないし、早い遅いじゃない。ひとりの時間も楽しいし、大事ですよ。旅行をお勧めします」とアドバイスした。すると夏木は「焦るとブスになるわよ!それでこの映画に出てくるような男に出会っちゃったらね、目も当てられない」と話し、会場の笑いを誘っていた。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: