17日、都内で2月に死去した藤田まこと(享年76)の代表作『必殺シリーズ』の最新スペシャルドラマ『必殺仕事人2010』の制作発表会が行われ、出演者の少年隊・東山紀之(43)、TOKIO・松岡昌宏(33)、KAT-TUN・田中聖(24)、女優の和久井映見(39)が出席した。今回の『必殺仕事人2010』は、製作準備中に“中村主水”こと藤田まことの突然の訃報により一度製作を中断。しかし、藤田が最も愛した『必殺仕事人』だけに、現仕事人たちがしっかりと跡を引き継ごうという想いから製作を再開し、追悼の意を込め、スペシャルドラマとして放送することを決定した。会見で東山は「中村主水という大きな存在がいなくなってしまった。僕らも、やるべきか、やらないべきか、いろいろ考えましたが、やはり(藤田の)遺志を引き継ぎ、こうしてここまでこれた」と胸の内を語った。和久井も「今でも誰かに(藤田が亡くなったことを)『嘘です』と言っていただきたい。撮影が始まって、言葉には出さなくてもスタッフやキャストの皆さんの心の中に、藤田さんの存在が変わらずにあるんだなっていうことを感じながら撮影に臨む毎日でした」と撮影を振り返った。

関連タグ: