女優の黒木瞳(49)が31日、東京の丸善・丸の内本店でエッセイ『私の場合~ブレない大人への階段~』の発売記念イベントを行った。同エッセイは、雑誌『Grazia』連載の単行本化であり、母のこと、宝塚時代のこと、私の生きる道など、自身の辿った道を赤裸々に語られている。黒木は、「女性たちにエールを送りたい、そういうエッセーを送れたらいいなっていうところから始まりました。悩んだりくよくよしたり、失敗したことがいっぱいあったと思って、私の場合はこういう風にして生きてきたって、私のことを書いてみよう」と明かした。執筆中のエピソードについて、「思い出すと泣いてしまう回は何回もあって苦しかった」と打ち明けたが、「読み返すと家族の話が多いんですけど、これが誰かの勇気になると思って、鶴が機を織るように一生懸命書きました」とアピールした。最後に、自身の美の秘訣について、「朝起きた時に『今日が一番若いんだ。一番元気』と思って一日を大事に過ごしてます」と話した。(撮影:江口明裕)

関連タグ: