1日、東京・日本橋三越本店で舞台『和田アキ子物語』の制作発表会見が行われ、歌手の和田アキ子(60)、中鉢朋子(28)、今陽子(59)、風間トオル(47)、お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤(37)、金山一彦(43)、お笑いコンビ・アリtoキリギリスの石塚義之(35)、SDN48の大堀恵(26)が出席した。同舞台は、和田アキ子の半生を綴った『5年目のハイヒール』の舞台化で、大阪の不良時代から“ビッグ”歌手に成長するまでを描いた物語。和田役は、08年のドラマ版に続き、身長が和田と全く同じ1メートル74の中鉢が演じる。中鉢は、主演を演じるにあたり「声にドスを利かせる方法や、ケンカの仕方を(和田に)教えてもらいました。一生懸命やりたい」と意気込んだ。一方の和田は、「ドラマではケンカのシーンが下手で、腰が入ってなかった。今回はそのへんを指導したい」と中鉢の喝を入れた。公演は東京・日本橋室町の三越劇場で9月4から14日までである。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: