24日、AKB48第2回選抜総選挙で第1位に輝いた大島優子(21)のソロ写真集『君は、誰のもの?』の発売記念握手会が福家書店新宿サブナード店で行われた。同写真集は、ロサンゼルス郊外の古いモーテルやアパートなどで撮影されたもので、大胆な下着姿も披露している。大島は「すっごい盛りだくさんな内容になっています!『これでもかっ!』っていうぐらい見せたことのない表情が詰まっていますね(笑)。いつも、カメラを向けられると笑顔になっちゃって素が出せないんですが、今回は自然な私がたくさん写ってます。いつものAKBの大所帯じゃなく、1人での撮影だったので“無”になれました(笑)」とアピールした。6月のAKB48総選挙で1位となったが、「センターにいることの慣れない感じに悩んでいた」と告白する一幕も。プロデューサーの秋元康(54)に相談したら「他人と比べるのではなく、結局は自分自身との戦い」などとアドバイスされたと明かした。「もう解決しました。慣れたかどうかは微妙だけど、楽しもうと思っています。センターをまっとうできなきゃ損」と、笑顔を見せた。(撮影:鈴木高宇)

関連タグ: