1日、都内で、髪の美しい著名人に贈られる『第7回The Beauty Week Award』の授賞式が行われ、30代部門でタレントの優木まおみ(30)、20代部門で女優の貫地谷しほり(24)、10代部門で女優の忽那汐里(17)が受賞した。同イベントは、NPO法人美容週間振興協議会が9月4日の“くしの日”を通して、美容週間の認知促進を目的に2004年から開催。今年のテーマ『ウエーブ&カールデザインで遊ぶ』を象徴するにふさわしいヘアースタイルが基準となり、3人が選ばれた。優木は、「魅力的な30代の方が多い中、受賞できて30代が輝けるようにこれからもキレイな髪をキープしていきたいです」。貫地谷は、「天然パーマがコンプレックスだったんですけど、今は美容師さんにクセを生かしてもらっているので、自分の髪質が好きになりました。このような賞をいただけて嬉しいです」。忽那は、「美を象徴する賞を受賞できて光栄です」とそれぞれ受賞の喜びと意気込みを語った。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: