8月28日に入籍したお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史(39)とタレントの木下優樹菜(22)が2日、東京・新宿の吉本興業で結婚報告会見を行った。17歳差で“美女と野獣婚”とも称された新婚カップルの出会いは、2年前にフジテレビ系のバラエティー番組『クイズ!ヘキサゴンII』での共演をきっかけに2人は知り合い、藤本から告白して交際に発展。プロポーズは6月に藤本がディズニーランドのシンデレラ城の前でしたといい、「シンプルに『オレのお嫁さんになって下さい』と言いました。最初、緊張して『ボク』と言ってしまって……」と明かした。これに木下は、「『よろしくお願いします』とお受けしました。涙が流れましたね。『ボクの』と言ったのが、一生懸命伝えようという気持ちが伝わってきて、本当に嬉しかったです。優樹菜が世界で一番幸せなんじゃないかって調子にのりました(笑)」とのろけた。そして、「お父さんと同じ加齢臭がするんですけど、今となってはにおいがないと落ち着かないくらい」と笑わせた。会見の途中には、藤本の相方・原西孝幸(39)も乱入し、一発ギャグで2人を祝福した。(撮影:鈴木鍵一)

関連タグ: