14日、東京・原宿キャットストリートに進出した米カジュアルブランド『RUGBY RALPH LAUREN』のオープニングレセプションが行われ、女優の仲里依紗(20)、モデルの長谷川理恵(36)、元サッカー選手の中田英寿(33)、タレントのテリー伊藤(60)、歌舞伎俳優の尾上菊之助(33)、俳優の永山絢斗(21)、ミュージシャンのVERBAL(35)、ダンサーのTAKAHIRO(28)、モデルの松島花(21)ら多くの著名人が来場した。同ブランドは、ラルフローレンの伝統やスピリットを受け継ぎつつ、斬新なデザインが人気で、男性向け・女性向け衣料のほかバッグなど小物類も取り扱っている。今回が初の海外進出店となる。お洒落が好きな仲は、「若者向けで色も安定していて、気軽に楽しめる印象です。新しい店では、ジャケットとか、小物を見るのが楽しみです」と笑顔を見せた。また、長谷川も「ニューヨークに行くと必ず寄るので、楽しみでした」と日本出店を喜び、「カジュアルなのにトラッドで、メンズもレディースも洗練されていて好きなスタイル」と魅力を語った。(撮影:加治屋誠)

関連タグ: