26日、東京・有楽町朝日ホールでアニメ映画『おまえうまそうだな』の完成披露試写会が行われ、出演者の原田知世(42)、加藤清史郎(9)、別所哲也(45)が登壇した。同作は、絵本作家・宮西達也(54)の人気絵本『ティラノサウルス・シリーズ』を映画化した感動アニメ作品。草食恐竜に育てられた凶暴な肉食恐竜ティラノサウルスの主人公と、彼を父親だと思い込む草食恐竜の子供との交流を描いた心温まる物語。原田は「清史郎君くらいの甥っ子や姪っ子がいるので、彼らが喜んでくれるような作品に是非出たいと思っていた。彼らの感想がすごく楽しみ」と話し、「家族や兄弟、色々な仲間たちとの絆な愛を描いた大変心温まるお話となっております」とアピールした。別所は「育てるということが、愛を持って鍛えることだと感じました。肉食も草食も、お互いが共通できる世界が素晴らしいのだということを伝えたい」と語った。加藤は役について、「子供の役なので、高めの声でやりました。ちゃんとしゃべれる5歳くらいの感じで」と9歳とは思えない、しっかりとしたコメントで共演者を驚かせた。(撮影:高田太郎)

関連タグ: