3日、都内で日本テレビ系新ドラマ『Q10』の制作発表会見が行われ、出演者の佐藤健(21)、前田敦子(19)、蓮沸美沙子(19)、賀来賢人(21)、柄本時生(20)、高畑充希(18)、細田よしひこ(22)、池松壮亮(20)、福田麻由子(16)が登壇した。同ドラマは、平凡で夢も持たない高校3年生の平太(佐藤)が、Q10(キュート)というロボット(前田)と出会い、人生が変わっていくという物語。連ドラ初主演の佐藤は「絶対に素晴らしいドラマにします」と気合十分。「ロボットに恋する設定と聞いて、最初は不安でしたが、クランクインしてすごいドラマになると手ごたえを感じています。脚本が素敵です」と話した。ロボット役の前田は「未知の世界のロボットということで、0からロボットって何だろうと考えてやらせていただいています(笑)。今回は、役者・前田敦子として参加させていただいているつもりで、AKB48とは違った私を出していけたら」と意気込みを語った。そして、佐藤は前田のファンに対して、「絶対に不幸にしないです」と宣言し会場を笑わせた。(撮影:横山孝行)

関連タグ: