13日、東京・汐留で日本テレビ系新ドラマ『黄金の豚』の制作発表会見が行われ、出演者の篠原涼子(37)、岡田将生(21)、大泉洋(37)、生瀬勝久(50)、桐谷健太(30)、宇津井健(78)が出席した。同ドラマは、税金の不正使用というタブーに挑む会計検査庁に勤める元女詐欺師の活躍を痛快に描く物語。3年半ぶりの連続ドラマ主演となる篠原は「税金のことをリアリティーあふれる感覚で描いているので見守ってください」と話し、「会計検査庁という響き的にはちょっと難しそうに感じる作品なんですが、リラックスして眉間にしわを寄せないような心温まるストーリーになっています。税金などリアリティーあふれる感覚で描いています」とアピールした。初共演の岡田については「弟というか甥っ子みたいな感じでかわいい」と話した。一方の岡田は、篠原の印象について「とてもキレイで初めてお会いしたときはびっくりした」と篠原を絶賛した。ドラマは、10月20日(水)22時からスタートする。(撮影:江口明裕)

関連タグ: