11日、東京・六本木のテレビ朝日でドラマ『ホンボシ~心理特捜事件簿~』の制作発表会見が行われ、出演者の船越英一郎(50)、大塚寧々(42)、高嶋政宏(45)、桐山漣(25)、安田美沙子(28)が出席した。同作は、元心理学者の捜査官(船越)をはじめ、たたき上げの刑事(高嶋)、鑑識のプロ(大塚)、犯罪プロファイラー(桐山)らプロフェッショナルな捜査官が真犯人=ホンボシを暴いていく物語。心理学のプロ、さらに医師の経歴をもつ異色の主人公を演じる船越は、撮影前に参考資料を読み込んだという。「ポーカーフェイスを通して、僕の表情を読んでも真犯人に辿りつけないようにアプローチをしていきたい。今回は少し分かりづらいお芝居をやらせていただいております」と話し、「観ていただければ、プチ心理学者になれる」とアピールしつつ「(自分の)妻には見てほしくないですね、嘘がバレるので」と笑いを誘った。またサプライズゲストとして歌手・平原綾香(26)が登場し、主題歌『別れの曲』を歌唱した。(撮影:小山伸正)

関連タグ: