全国の子どもたちに実名を明かさないままプレゼントを贈るという「善意の連鎖」が広がっている。昨年12月25日、群馬県の児童相談所で漫画『タイガーマスク』の正体「伊達直人」名でランドセルが届けられたのを皮切りに、その数は全国で500件を超えた。

そんななか、茨城県高萩市にある児童養護施設『臨海学園』にランドセル10個を送った「伊達直人」本人の接触に成功した。「直人は、ボクの本名ですよ」と語るのは、茨城県古河市在住の木村直人さん(24)だ。

格闘技ファンの父からタイガーマスクにちなんで“直人”と名付けられた木村さん。今回の“善意”報道に宿命を感じ、行動に移したという。

「本当は今冬の初ボーナスでスキーウェアを買う予定もあったのです。でも子どもたちの役に立てればと思い、全額を購入費用に充てました」と木村さんは語る。心温まる木村さんの素顔と、全国に広がるタイガーマスクの軌跡を本誌で独占公開!