東方神起に続き、KARAまでも…。今や日本全国で大ブームのK-POPの象徴ともいえるKARAが、が所属事務所のDSPエンターテイメントへ専属契約解除を宣言した。19日、メンバーのカン・ジヨン、ク・ハラ、チョン・ニコル、ハン・スンヨンの4人は、代理人を務める法務法人ランドマークは報道資料を通して、以下の通りその説明をしている。

―KARAは今回の専属契約解除に至るまで、所属事務所との所属関係を維持し円満に協議しようと最善の努力を尽くしたが、所属事務所が地位を乱用してメンバーが望まない芸能活動に対する無条件な強要と人格冒瀆、メンバーに詳しい内容を説明しないまま結ぶ各種の無断契約などをしてきた。こうしたことによりメンバーが体験する精神的な苦痛は言葉では表現できず、メンバーの努力も無駄になることになり挫折感は非常に深刻である。これ以上所属関係を維持するのは不可能だと判断して専属契約解除を通知した。信頼を持って仕事をしなければならない所属事務所と所属歌手の関係において信頼は最も重要だが、所属事務所はKARAを金儲けの手段としてだけ利用しており、このほかに言及していない多数の事例が存在している。信頼関係は回復できないほど破綻した―

 所属事務所DSPは、「事態を把握した後で立場を明らかにしたい」と伝えるにとどまり、今後の対応が注目される。

 今回の契約解除発表では、リーダーであるパク・ギュリが抜けている。このことについては、ランドマークは、
「パク・ギュリ側の立場はよくわからない」としている。

そんな中、パク・ギュリが韓国で注目発言をしたことが、「K☆女性自身」スタッフの取材により報告された。インタビューを通じて遺憾の意を明らかにしたという。パク・ギュリは
「専属契約解除通知に対してまったく知らなかった。昨夜のラジオ収録が深夜に終わったため現在はメンバーとは別々にいる。状況把握を先にしなければならない」
と話したという。

 現在、女性自身本誌でも韓国スタッフとともに取材中であり、更に詳しいことが来週発売号では報道される。

K★STAR LOVERS 好評販売中!

関連タグ: