24日、東京・六本木のテレビ朝日でドラマ『Dr.伊良部一郎』の制作発表会見が行われ、出演者の徳重聡(32)、原幹恵(23)、余貴美子(54)が出席した。同ドラマは、直木賞作家の奥田英朗(51)原作『精神科医・伊良部一郎』の3部作を連続ドラマ化。徳重がハチャメチャで無責任、自己中心的な主人公を演じることで注目されている。同時にお色気シーンも見どころで、徳重は撮影中に目のやり場に困りながらも余と原を“チラ見”していることを打ち明けた。「余さんがよそ見している時に、スリットの部分とか、胸の谷間とか…。スミマセン。見てしまっています」と告白。美人熟女看護師役の余も「私は制服好き。気に入っています。カメラが胸のアップを撮るために、寄ってくると、女心がフツフツと…。何かおかしくなっちゃったみたい」と楽しんでいるようだ。そして、徳重は「今の世の中『頑張らなきゃ』という人が多いけど、このドラマで人生楽しく、ストレス解消になればいい」と期待を込めた。この日は、AKB48の大島優子(22)、北原里英(18)、指原莉乃(18)、横山由依(19)の4人組新ユニット『Not yet』も登場。デビュー曲『週末Not yet』が、ドラマの主題歌になることも発表され、曲を披露し、会場を盛り上げた。(撮影:小山伸正)

関連タグ: