女性が女性に『友チョコ』をあげたくなるような理想の著名人を表彰する『オリコン バレンタイン フェスタ 2011』の表彰式が27日、東京・恵比寿ザ・ガーデンルームで開かれ、女優の綾瀬はるか(25)と人気モデルの益若つばさ(25)が受賞した。10~30代の女性900人を対象に行ったアンケートで、綾瀬は『今最も輝いている女優』、『好きな女優』の2部門で1位となり、益若は『憧れの女性(ギャル)モデル』で1位となった。2人はデコレーションしたポッキーのトロフィーと盾を授与された。バレンタインの思い出について、綾瀬は「学生のときに友チョコを作って交換しました。それがきっかけでお菓子作りにハマって、そのあとケーキとか焼いていました」と明かした。今年のバレンタインについては、「本命チョコの予定?ありません」とキッパリ。取材陣の期待に応えられないことを気にしてか「すみません、つまらないですよね」と笑わせた。一方、益若は「ダンナさんと2歳の息子に喜んでもらえるようなサプライズを考えています」。友チョコをあげたい人について『小森純』と答え、「いらねえよ、と言われそう」と笑っていた。(撮影:柴田悟)

関連タグ: