1月23日、女優・国分佐智子(34)との婚約会見を行った林家三平(40)。会見から6日後、東京・根岸の自宅で母の香葉子さんに、海老名家の家族と国分の“初対面秘話”を振り返ってもらった。

海老名家といえば、長女・美どり(57)、二女・泰葉(50)を始め、『渡鬼』顔負けの個性派揃い。香葉子さんも姑から厳しく“しつけ”を教わった経験を著書『海老のしっぽ』で語っている。当然、婚約するには彼女たちの審査をクリアしなければならないが……。

初めてあった国分について、香葉子さんは「さっちゃんは女優さんとは思えないほど、素直そうなお嬢さんでねぇ。キレイだけど、質素で育ちがよさそうというのが私の第一印象でした」と語る。

三平からは『手も握らない仲』と言われていたが、「話してみたら本当で。今どきそういうお嬢さんがいるんだと知ってから、もう女性陣はコロッと“さっちゃんシンパ”に大変身ですよ」とご機嫌だった。“鬼の面接”をクリアした国分と三平の婚約秘話は本誌で!

関連タグ: