この春、ホールデビューする『びっくりぱちんこ銭形平次withチームZ』の展示会が2月2日都内にて行われ、AKB48から特別に結成された『チームZ』の大島優子(22)、松井玲奈(19)らと、スペシャルインタビュアーとして熱狂的なAKB のファンとして知られる南海キャンディーズの山里亮太(33)がイベントの司会者として登場した。同機は、京楽産業.株式会社から発表された時代劇ぱちんこの最新作。全888回を数えた、史上最長ドラマの『銭形平次』をモチーフとしている。撮影当時を振り返り、宮澤佐江(20)は「(撮影現場の栃木県・日光江戸村は)すごい寒かったんですけど、寒さを忘れちゃうくらい楽しかった!(大島)優子が先頭きって、はしゃいでいた」と撮影の裏側を明かした。大島はゲームでは銭形平次を演じている。山里から「銭形平次は知ってますよね?」と振られた大島は「岡っ引きですよね、知っています!」と自信のない表情。というのも「実は実在する人だと思っていました」と話し、「(朝のテレビ番組の占いで)今日は歴史上の人物を手本にするといいと言っていて喜んだんですけど、実在しないんですよね」と苦笑いしていた。(撮影:高田太郎)

関連タグ: