3月19日公開の映画『ランウェイ☆ビート』の完成披露試写会が8日、東京・新宿ピカデリーで行われた。舞台挨拶に瀬戸康史(22)田中圭(26)、加治将樹(23)、桜庭みなみ(18)、桐谷美玲(21)、IMALU(21)、小島藤子(17)、大谷健太郎(46)監督が出席した。物語はファッションをテーマにした青春ムービーで、高校を舞台に文化祭でファッションショーに挑戦する高校生たちの姿を描いたものとなっている。この日の男性出演者はみんなスカート姿で、学生時代から古着に手を加えるなど服装にこだわってきた瀬戸は「運命と言っていいほど役が自分に似ていた」と嬉しそうに語った。また、「(学生時代に)古着がはやっていて、一回ばらばらにして縫い合わせたりしていたんですよ。ジャージとか。だからこの美糸という役には運命を感じましたね」と、自身も手製の服を作った経験があると話した。桜庭は恋に積極的になれない女子高生役を演じているが、「私は当たって砕けろタイプなので違うかな」と自身の恋愛に対する姿勢を語っていた。IMALUは「素に近い形でやらせていただきました」と日頃からの自身のおしゃれのセンスを役に生かすことができたようであった。(撮影:鈴木鍵一)

関連タグ: