女優の小泉今日子(45)と俳優の永瀬正敏(44)元夫妻が夫婦役を演じた映画『毎日かあさん』初日舞台挨拶が5日、東京・新宿ピカデリーで行われた。舞台挨拶には元夫妻が夫婦役を演じた小泉、永瀬、原作者である西原理恵子(46)らが出席した。西原の実話を基にした物語となっていて、ふたりの子を持つ母親であり、元戦場カメラマンの夫を持つ妻・西原を主人公に、家族と夫婦の絆を描いた内容である。他界した西原の夫を演じた永瀬は、登壇前に墓参りをしたことを明かし「きょうの初日を喜んでいただいていると思う」と感極りながら挨拶をしていた。小泉は「かあさんになってみて、世の中のお母さんたちの大変さがよく分かりました。かわいい息子と娘、そして泣き虫の夫を育てた気分です」と映画での母親さながら力強いコメントは会場を笑わせた。泣き虫の夫役の永瀬は「みんなでスクラムを組んで誠心誠意を込めて作った映画です。すべての方に感謝したい」と作品をアピールした。(撮影:柴田悟)

関連タグ: