15日、都内のスタジオでWOWOWオリジナル番組『落語家Xの快楽シーズン2.0』の公開収録が行われ、南海キャンディーズの山里亮太(33)、酒井敏也(51)、みひろ(28)、三遊亭兼好(41)、入船亭扇辰(47)、桃月庵白酒(43)が登場した。同番組は、芸人らの一層の進化を目指し、落語家の師匠について稽古を重ね、古典落語を披露する番組。挑戦の過程もドキュメンタリータッチで追うなど、続編を望む多くの声に応えて、このたび続編の放送が決定した。山里は、「いつもやっている劇場はとは全く違う雰囲気で。株主総会でも始まるのかと思いましたよ。普段はとなりにしずちゃんがいますから声援が多いですけど、今日はとても静かで。今からオペラでも観るんですか?」と絶妙なトークをかました。山里を指導した三遊亭兼好師匠も「落語家でも3、4年稽古してあそこまで出来る人はいますけど、彼はたった1か月しか稽古をしていないんですよ。高座を下りたときも、やる気に満ち溢れていましたね。落語界に入ってきたら、僕らは非常に迷惑です。これからも僕らの仕事を奪わないように頑張っていただきたい」と山里を絶賛した。(撮影:江口明裕)

関連タグ: