「実はエリカさんに、高城剛さんのご実家に行くようアドバイスしたのは私なんです」と語るのは、たかの友梨さん(63)。「たかの友梨ビューティクリニック」の創業者で、最近では沢尻エリカ(24)の“後見人”としても注目されている。

2月25日、スポーツ紙が《怪行動 沢尻 高城氏実家に押しかけ!! 両家は全面戦争へ》というタイトルの記事を報道。24日、沢尻の兄から高城剛氏(46)の実家宛に“兄と沢尻本人でこれから伺います”という電話があったというものだった。

沢尻の真意について、たかのさんは「エリカさんは本当は、高城さんのお母様にお詫びを申し上げるつもりだった」と明かす。“高城家の嫁としてけじめをつけてから再出発すべき”というたかのさんの助言を受け、最初は躊躇していた沢尻も決意を固めたのだという。

結局、そんな沢尻の真意は伝わらず、高城氏の実母に会うことは叶わなかった。“高城家が法的措置も検討している”とも報じられるほど、深まってしまった両家の溝。揺れ動く沢尻の今を、たかのさんが本誌に独占告白!