ジャニーズ事務所の全タレントが参加する東日本大震災復興支援プロジェクト『Marching J』の募金イベントが3日、東京・代々木第一体育館前広場で最終日を迎えた。3日間の累計は38万9千人に達した。ステージにはSMAP、少年隊の東山紀之(44)、嵐の松本潤(27)らが登場した。積極的に募金活動に励んでいた。また、ステージではトークだけのはずであったが、木村拓哉(38)の発案で「各グループの持ち歌を一節、アカペラで歌おうよ。寒いからみんなも一緒に!」と会場は数万人規模のコンサート会場になった。Hey!Say!JUMP、V6に続いてSMAPは『世界に一つだけの花』『夜空ノムコウ』を披露した。中居正広(38)が「初めてだね、こんなの。アカペラいけるね!」と嬉しそうであった。また、中居は「与えられるのを待つのではなく、自分たちにできることを探してできる限りのことをしていきたい」と今後の意気込みを語った。最後に近藤真彦(46)が「胸がいっぱいです。衣装や照明がなくても構わない。みんな素晴らしいよ。何かあった時の結束力がジャニーズ事務所の強さ。絆を感じました。気持ちと募金は確実に東北に届けないといけない」感謝の気持ちを伝えた。(撮影:河崎伸正)

関連タグ: