4月25日、都内の自宅マンションで首を吊って自殺した、俳優の田中実さん(44)。ドラマやCMなどで“よきパパ”を演じてきた彼は、私生活でも’93年に結婚した3歳年上の夫人との間に、高2の長男、中2の長女をもうけ、幸せな生活を送っていたはずだが……。

いったい彼に何があったのか。ある芸能関係者は「彼は知名度の高い俳優だけに、ギャラはそう下げられなかったはず。テレビや映画業界でも経費削減が叫ばれる昨今、中堅・ベテランの出演枠が少なくなるなかで、将来への不安を漏らしていたようです」と語る。

そして、彼の出演作にも“ミステリー”が……。’98年、東京・博品館劇場で開催された舞台『真夜中のパーティ』の出演者で自殺したのは、これで2人目だった! 田中さん自身も仲良くしていた沖田浩之さんは舞台翌年の’99年3月、自ら命を絶っていたのだ。

さらにこの舞台では、その他の出演者も事件や事故、芸能界引退という悲劇に遭遇しているというのだ。沖田さんが自殺した当時、田中さんはたいへんショックを受けていたという。彼が抱えていた心の闇を、本誌で追跡取材!

関連タグ: