演歌歌手の氷川きよし(33)が明治座初座長公演『氷川きよし特別公演』の制作発表が9日、東京・新宿のハイアットリージェンシー東京で行われた。4年ぶり4回目の座長公演で、氷川が若き日の銭形平次に挑戦する芝居『銭形平次-きよしの平次 青春編』と、最新アルバム『演歌名曲コレクション14』の収録曲などを披露する歌謡ショー行う。初の座長公演という事もあり氷川は「前回の公演は20代後半、今は33歳になって心も成長したと思う。これまでの経験を生かしたお芝居ができるようにけいこに励みます。今回はアドリブなし、台本通りに役に集中したい」と意気込みを語った。銭形といえば『銭投げ』がおなじみだが、氷川は「親にはお金は投げちゃいけない、と育てられましたから罪悪感もありますが、あとでちゃんと拾います」と笑いを誘った。現在は全国ツアー中で、会場には東日本大震災被災者支援のための募金箱を置き、協力を仰いでいる。「大勢の方にご協力いただいてありがたい。今度は僕も被災地に行って歌で元気づけたい」と改めて、感謝の気持ちを伝えた。(撮影:加治屋誠)

関連タグ: