俳優の市原隼人(24)が16日、東京・ティンバーランド青山店で行われた『チャリティーコラボブーツ発表会』に出席した。『ティンバーランド』のブーツのデザインを担当した市原は「ティンバーランドのブーツが大好きだったので、自分がデザインできることがすごくうれしかった」と笑顔で語った。ブーツには、市原のメッセージである『志』という文字と、富士山に登った際に声を掛け合う登山家に感銘を受けたという『富士山』、「向かう先の方向にすべての登竜門ができるように」と『鯉の滝登り』をデザインした。ブーツの売り上げの20%は東日本大震災の復興支援に充てられる。今後、個人的に被災地を訪れるつもりでいるという市原は、「どんな思いで仕事をすればいいか分からなくなったが、仕事をおろそかにして支援に行くのではなく、自分の仕事にプロ意識と誇りを持ってやることが日本の復興につながると思った」と涙を浮かべながら語った。被災者へ向け、「僕は一生、役者を続けていきたいし、今まで本当にたくさんのファンの人に力をいただいて、もっとお芝居が好きになれた。その恩返しをこれからもしていきたいし、笑顔が増えるように頑張ります」と力強く約束した。(撮影:柴田悟)

関連タグ: