嵐の相葉雅紀(28)と女優の北川景子(24)が、1日、都内で、イメージキャラクターを務める『住友生命』が主催する『第35回こども絵画コンクール』の特別審査員に就任し、会見を行った。同コンクールは、子供たちの心豊かな成長を応援したいという思いから、77年に開催をスタート。第35回目となることしは、3月に発生した東日本大震災で特に大きな被害を受けた被災地の子供たちを対象とした『ボクの、ワタシの、未来賞』が新たに設置された。相葉は「子供たちが未来を語るきっかけになるコンクールだと思います。こういう形で参加させていただけるのは光栄です」と話した。北川も「あまり上手に描こうと思いすぎないで、どんな未来になってほしいかを、素直な気持ちで描いて」子供たちへメッセージを送った。また、同社のCMで2人は、それぞれの『好きな言葉』を挙げていて、『今を生きる』という言葉を選んだ北川は「今を一生懸命生きると、その先に強い未来があるんじゃないか、と思ったからです。だから、今自分がしている努力が、今は結果として見えなくても、未来の自分を形成していくんだろうなと、常に考えています」と思いを語った。(撮影:横山孝行)

関連タグ: