21日、都内で、映画『サンザシの樹の下で』のプレミア試写会が行われた。試写会には主演のチョウ・ドンユィ(18)、ショーン・ドウ(22)と共に、ゲストとして女優の国生さゆり(44)が登場した。同作は、文化大革命の下、再教育のために農村を訪れた女子高生と、村に住む青年との初恋を描いた物語となっている。同作を観た国生は「2人の抑えた演技が素晴らしい。キュンキュンしつつも切なくて、こういう恋愛したら次が大変だろうなと思います」と2人を絶賛し、「誰もが経験する、自分のほろ苦い初恋を思い出します」と作品の魅力を語ったが、「初恋の人と結婚して、離婚してるんですよね」と笑いを誘った。婚約者のコンサルタント会社社長の甲田英司(37)と来年2月14日に入籍すると発表したことに関しては「彼が『国生さゆり=バレンタイン・キッスだから、その日にしたらファンの皆さんが一緒にお祝いしてくれる』って言ってくれて」と笑顔で明かした。入籍以外予定はまだないとし、「彼から結婚式は男が女にプレゼントするものだと言われたけど、本当にプランを練ってるのかどうなのか…」とノロケまくった。(撮影:柴田悟)

関連タグ: