19日、都内で、『プリンセス トヨトミ』の父の日&大ヒット御礼舞台挨拶を行った。俳優の堤真一(46)、女優の綾瀬はるか(26)、鈴木雅之監督(52)が登場した。堤は「公開3週間経って、また、みなさんに会うことができる幸せを感じています」と喜びを語った。浴衣を着た感想について綾瀬は「いいですね、夏を先取りした感じで」とコメントし、堤は「べっぴんさんやなあ」と綾瀬に褒めていたが、堤の浴衣姿については綾瀬は「最初見たときに、旅館のお風呂上がりみたいだねって言ってしまいました」と話し笑いを誘った。
堤が綾瀬の天然ぶりエピソードについて「(綾瀬が寝冷えと間違えて)『よびえしないように』と言って、みんなで笑っていました。でも調べたら言葉としてあっていたんですよ」と明かすと、綾瀬は「ほらみろ! みんなで私をバカにして!」と逆襲し、またもや会場を笑わせた。綾瀬は、父の日にちなんで父親について「器の大きい人。相談しているうちに、自分の悩みが小さなことのように思えきます。今日、いつも支えてくれてありがとう、というメールを送りました」と明かした。(撮影:加治屋誠)

関連タグ: