女優の檀れい(39)が28日、都内で行われた『ハリー・ウィンストン ブライダル・ジュエリーショー』に登場した。イベントでは、2011年に国内のハリー・ウィンストン・サロンにてエンゲージメント・リングを購入し、2012年12月末までに国内で挙式するカップルの中から、抽選で毎月1組の花嫁に、檀が装着した2500万円相当のティアラ『ダイアモンド・ド・ネージュ・ティアラ』を式当日に貸し出すプリンセス・ティアラ・キャンペーンを実施することが発表された。総額10億円相当のダイヤモンド・ジュエリーを身につけてランウェイを歩いて登場した檀は「女性に生まれてきてよかったと思う幸せな瞬間でした」ととても嬉しそうであった。2500万円相当のティアラに関しては「手をぶつけたりしないかなど、別の意味での緊張がありました」と心境を明かし、「繊細なデザインで、ダイヤモンドの粒がこの大きさでそろっているのが珍しいと思いました。本当に貴重で素敵なティアラだと思います」と語った。私生活での着用予定には「(結婚は)ご縁なので、いいご縁があれば」と話し、自身の結婚式は「シンプルにしたい。プロポーズはされる方がいい」と理想を語った。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: