27日、汐留の日本テレビ局で、日本テレビ系新水曜ドラマ『ブルドクター』の制作発表が行われた。発表会には、主演の江角マキコ(44)をはじめとする、石原さとみ(24)、稲垣吾郎(37)ら共演者が出席した。同作は、闇に葬り去られようとしている事件の真相究明に挑む法医学者を主人公にした医療ヒューマンミステリーである。子育てが落ち着き、4年ぶりのドラマ復帰となる江角は「涙が出るぐらい辛いシーンが1話に1回は必ずあります。だからこそ、普段の何気ない生活の大切さや、自分が今生きていることのありがたさを感じていただけると思います。40代になった自分を丸ごと生かして演じたい」と見どころを語った。初の刑事役に挑戦する石原は「昨日、初めて警察手帳を見せて『警察です』って言った時に、あ、私は刑事の役をやってるんだ!と実感しました。江角さんと毎日一緒に撮影させていただいているんですけど、こんなにも女性をニラんだことが初めてで。」と役柄に関して語った。稲垣は江角や石原に目を向けて「きれいな女性に囲まれて、僕はこの夏一番の幸せ者だなーと思ってます」と笑顔で話すと、江角から「気持ちがこもってない」と突っ込まれ、笑いを誘った。(撮影:鈴木鍵一)

関連タグ: