20日、都内でTBS系深夜ドラマ『桜蘭高校ホスト部』の制作発表会が行われた。発表会には、女優の川口春奈(16)山本裕典(23)らが登場した。同作は葉鳥ビスコが少女漫画誌『LaLa』(白泉社)で連載し、全18巻で累計1200万部を突破している人気マンガが原作である。名家の子女が集まる『桜蘭高校』に一般庶民ながら特待生として入学した藤岡ハルヒは、須王環が部長を務める『ホスト部』の800万円の花瓶を割り、借金返済のためホスト部に入部するという物語となっている。連続ドラマ初主演を飾る川口は「緊張しすぎてますが、気合いとやる気は誰にでも勝つ自信があります!」と意気込みを語った。山本も「演じるのはプレッシャーだし、難しいと思っていますが、僕は僕なりに頑張って演じて、このドラマが終わるころには『山本裕典の環、よかったな』って言われるように必死に頑張ります。そう言わせる自信があります。楽しみに待っていてください」と意気込みを語った。また、川口の事について聞かれると、山本は川口が腕を嗅ぐことが好きなのを明らかにし、右手を川口の前に出すと噛みつき「人の腕を見ると嗅ぎたくなるんです」と照れ笑いした。(撮影:高田太郎)

関連タグ: