16日、東京・サンシャイン劇場で、舞台『DUMP SHOW!』の取材会見が行われた。会見にはAKB48の倉持明日香(21)、佐藤亜美菜(20)、大家志津香(19)、佐藤夏希(21)、SDN48の大堀恵(27)、浦野一美(25)らが登場した。同舞台は、亡き祖母の遺したナイトクラブを守るため奮闘する少女たちを描く青春物語である。セクシーな衣装に身を包んだメンバーによる、クラブでのポールダンスが大きな見どころとなっている。AKBでは見られないような大胆な振り付けと衣装だけに最初は戸惑ったという倉持は「恥ずかしさは解消された」と吹っ切れた様子。大堀から胸をわしづかみにされるシーンにも「仕事なんだと自分で言い聞かせている」と本音を恥ずかしそうに語った。そんな倉持を観たセクシー隊長の大堀は「若いうちに見せときなさい」とオトナの余裕みせた。見た目以上に筋力を使うポールダンスについて大家は「太ももが細くなりました!」、佐藤は「腕の筋肉がついた!」かなりシェイプアップになったようで倉持が「劇場にポールを立ててほしい。いつでもポールダンスができるように」とプロディーサーの秋元康(55)へのお願いを語った。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: