16日、東京・有楽町のTOHOシネマズスカラ座でジブリ映画『コクリコ坂から』の初日舞台挨拶が行われた。舞台挨拶には長澤まさみ(24)、岡田准一(30)が登場した。今回の舞台挨拶で長澤は司会を務めた。長澤は「ジブリの鈴木敏夫プロデューサーから任命されまして、この大役を務めさせていただくことになりました」と順調に説明を始めたが、キャスト紹介を始めると噛み始めてしまい、やはり緊張していた。岡田は「長澤さんの緊張が伝わって、僕もガチガチになってしまいました」と語った。香川照之(45)を紹介する際には「理事長役のアンジェリーナ・ジョリーさんです!」とやって爆笑を誘っていた。香川は「どうもアンジェリーナ・ジョリーです。舞台袖で僕は土下座して止めてくれといったんですけど、長澤さんがどうしても呼びたいというので」と必死に説明しているところに、岡田が「まったく逆です。どうしても(香川が)アンジェリーナ・ジョリーと呼んでくれと」割り込み、明らかにし笑いを誘った。大役を果たした長澤は「素直でまっすぐ。誠実な人たちの姿を通して、毎日上を向いて歩こうという気持ちが伝わる作品」と作品の魅力について語った。(撮影:横山孝行)

関連タグ: