8月25日、東京・ららぽーと豊洲で映画『アンフェア the answer』のプレミアムイベントが行われた。イベントには主演の篠原涼子(38)をはじめとする佐藤浩市(50)、加藤雅也(48)らが登場した。本作は大ヒットドラマの映画化第2弾。2007年に公開された『アンフェア the movie』の続編で、シリーズ完結編。篠原ら出演者は東京湾岸に敷かれたレッドカーペットを闊歩し、登場した。本作で初のラブシーンに挑戦した篠原は「恥ずかしいので、監督とホテルで練習して臨んだ」と明かした。佐藤監督も「脱いでもらって、どんなアングルだといいかなという話をしました」と話すと、「そこまで言った方がいいですかね」と照れていた。相手役であった佐藤は「(初めての篠原が)ものすごく気を使ってくれた。僕は正直言ってラブシーンが大嫌い」と話すと、香川照之(45)が疑う表情を見せると、佐藤はうろたえ笑いを誘っていた。TVシリーズから出演している加藤は「今回は雪平が非常にエロい!この4年でいったい何があったの?」と雪平のセクシーさに驚いたそうだ。イベントの最後に花火が打ちあがると篠原は「この作品は、花火に負けないぐらいのパワーがある」と自信を見せた。(撮影:江口明裕)

関連タグ: