8月1日、都内で、スカパー時代劇専門チャンネル『鬼平外伝 熊五郎の顔」制作記者発表会が行われ、女優の寺島しのぶ(38)が登場した。本作はスカパー!と時代劇専門チャンネルによるオリジナル時代劇の第2で、池波正太郎原作の大人気シリーズ『鬼平犯科帳』の番外編で、盗賊に運命を翻ろうされる女性の物語となっている。過去に藤田まこと(享年)主演の『剣客商売』で女剣士・三冬役を演じた寺島は「藤田さんがお亡くなりになって京都のスタッフと会えなくなり寂しいと思っていた。監督からお話があり、あのスタッフたちと京都でまたやりたいと思った」と笑顔で語った。時代劇初主演を務めるという事で、時代劇については「ドラマだけじゃなく、映画でも舞台でも時代劇なら全部好き。時代劇には見せない美学があるんです。あえて想像させる艶っぽさや奥深さ、そこが好きなんです」と魅力を熱弁した。また、「子供のころから見ているし、残さなきゃいけない娯楽だと思う」と意気込んでいた。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: