9月12日、歌手の郷ひろみ(55)が『雪国まいたけ』の新CM発表会に登場した。6年ぶり4度目となる同CMのキャラクターだが、今回は郷らしい派手な演出は一切なく、ただ真摯に食品の安全を説明する内容になっている。郷は「これまではコミカルなものが多かったけれど、今回はメッセージ性の強いCMだったので、いかに真摯に、真面目に伝えるかがテーマだった」と撮影を振り返った。司会者から「雪国まいたけは食べますか?」と質問されると「愚問ですね。雪国まいたけしか口にしませんよ」と答えたが「今まで料理はほとんどしてないけど、来年1、2月はのんびりできそうなので、料理に挑戦してみたい。おいしいかわからないけど、友達を自宅に呼んで、炊き込みご飯をつくって食べさせたい」と笑顔で誓っていた。また、食品の安全性が強く問われる時代ということで郷は「口の中に入っていくものにこだわるのは当然のことでしょう。食品の安全に真面目に取り組んでいる雪国まいたけの姿勢は消費者を裏切らない。15歳でデビューして40年やって来たボクも、ファンを裏切らないのがモットー。共通するところがあるね」と語った。(撮影:江口明裕)

関連タグ: