9月21日、都内で、俳優の高良健吾(23)が富士通の新モデル『ドコモ タブレット ARROWS Tab LTE F―01d』の発表会に登場した。新ブランド第一弾商品となる同商品は、10.1インチの大画面と超高速通信Xi(クロッシィ)に対応し、フロントステレオスピーカーや防水加工、画面に手をかざすだけで簡単に操作できるハンドジェスチャーコントロールや手書き文字入力など数多くの機能を搭載している。高良は「映画を見るのが好きで、2時間の映画を3分でダウンロードできる。手を触れなくても画面が変わったりするし、大画面で使いやすい」と魅力を語った。「(雑誌で)連載ページをやっているので、アプリで絵を書いたりする」とも語り、「防水なのでお風呂につかりながら映画を見たり、連載を進めたいなというときに便利です」と語った。また、NHK連続テレビ小説『おひさま』への出演で変わったことを聞かれると、「変わったことだらけ。きっと僕は責任を持つことから逃げていたと思う。出たことで、責任とか、言葉にすると難しいけれど、『何か伝える』という思いが強まった。人前に立つんだから、責任持たなきゃ。今までの気持ちじゃできなかった」と振り返った。(撮影:高田太郎)

関連タグ: