9月28日、東京・TOHOシネマズで、映画『アンフェア the answer』大ヒット舞台挨拶が行われた。舞台挨拶には主演を務めた篠原涼子(38)が佐藤嗣麻子監督と共に登場した。観客動員100万人が近いと司会者から聞いた篠原は「(今日も)100万人にしちゃえばいいのに。こういうことって言っちゃった者勝ちですよね」と自信満々の様子であったが、これから見る観客へのメッセージでは「あまり期待を膨らませないでいいです。あんまり(良いと)言っちゃうと、後で『なんだよ』ってなっちゃうとイヤなので」と話すと「小っちゃく出ちゃった」と照れ笑いしていた。また、アンフェアシリーズで篠原演じる雪平夏見の娘・美央を演じた向井地美音(13)がサプライズで登場した。向井地は「今日は、頑張っているママの応援に駆けつけました。大ヒットおめでとうございます。」と花束を渡すと、篠原は「ビックリしました。みおたん。可愛くて見とれちゃう。すごく大人っぽくなっていて、これからが楽しみです。」と嬉しそうであった。(撮影:柴田悟)

関連タグ: